離婚の引っ越しの方位が気になるのは運のある証拠

九星気学占いと方位

節目に気に掛かることが出てくること自体、運があります。

年末年始というのは1年の節目です。
占い的にはまあ節目じゃないですが、社会的には節目です。

で、結果的に、社会的に節目って言うのは占い的にも影響が出てきます。
この節目の時に気になるのが「離婚」です。

離婚を考えるっていうのは人それぞれ様々ですが、節目が近づくと強く感じてしまうものです。
もちろん、節目は年末年始だけでなく、結婚記念日や誕生日、お盆なども含まれてきます。

で、まあ、こういう時期になると離婚について頭をよぎる人もいらっしゃるということです

私の占いのスタンスはお客様の状況にもよりますが、基本的には離婚を勧めません。
しかし、離婚が確定的になっている状態の場合は引き返すこと自体が出来ないため、離婚をお勧めすることもあります。

ただ、ここで一つポイントがありまして、なぜか離婚をする前に相談をされる方は離婚後に予定をしている引っ越し先が悪くない時が多いです。
逆に、離婚をして引っ越した後に相談をされる場合は、多くの方が凶方位に引っ越しをされています。

ちなみに、凶方位に引っ越しをしたら不幸になるっていうお話をしようと思っているわけではありません。
凶方位を選んでの引っ越しというのは、それだけ辛い結婚生活だった、ということが表に出ているということです。

凶方位って言ったらすぐにどうのこうのっていう人がいますが、方位っていうのはそんなに短絡的ではありません。

状況によって様々な事を教えてくれるヒントが詰まっている

ただ、もし可能ならば、離婚を決断する前に引っ越しについても考えた方が良いです。
その中で方位が気になったとしたら、運があります。

離婚後の引っ越しはそれが凶方位であったとしても、結果的にあれで良かったという人が多いです。
つまり、離婚前が辛いと言うことです。

それならば、吉方位に引っ越しが出来るならばどうでしょうか。
それは幸先の良い門出を意味しているということです。

離婚に幸先の良いなんて言葉は不謹慎に聞こえるかも知れませんが、離婚を決断する当事者にとってはとても大事なことです

離婚をすることによってさらなる幸せをつかもうとするのですから、当然です。
運気が落ちやすい時期にうまく吉方位に引っ越しをすることが出来れば、流れが変わります。

その結果、本来は辛い状況のはずなのに周囲の人から助けられやすくなったり、チャンスに恵まれたりします。
もし、離婚を考えているならば、そして、家を出て行くならば、運勢的なタイミングもはかってみてください。

そこまで段取りをつけることが出来れば、思った以上に幸せな離婚になるかもしれませんので。