方違え(かたたがえ)と吉方位旅行のどちらを選ぶとよい?

九星気学占いと方位

負担が少なく楽しいのは、方違え(かたたがえ)ではなく吉方位旅行です。

よくあるご質問で、方違えのやり方です。
私は基本的に方違えよりも吉方位旅行をお勧めするようにしています。

理由は、吉方位旅行の方が難易度が低いためです。
方違えと吉方位旅行の両方が出来ればベストのように見えますが、実際はそれほどでもないです。

私の方違えは「60日間、その方位で宿泊する」としています。
基本的に60日連続です。

普通であれば、どこかに引っ越しする家を探さないとだめですね。

どうしてそこまでしなければならないのか?

それは、それほど方位の影響が強いということであり、方位の影響が怖い、という考え方から出てきています。
通常方違えをする必要のある人は、引っ越しの方位が「大凶」というケースです。

これが全てですよね。
そうでなければ方違えをする必要がありませんので。

その上で現実的に方違えが良いのかどうかです。
引っ越しの相談をされる場合、かなりの方が大凶方位へと予定されています。

そうですね、引っ越しを相談される方が10人いたとして、7人は大凶方位へ引っ越しを予定しています。
そしてその7人のうち、引っ越しを変更できるのが3人ぐらいですね。

残りの4人は引っ越しをせざるおえない状況にあります。
そしてこの4人のうち、1人だけが方違えが出来る環境にあります。

それほど方違えというのは難易度が高いです。

難易度が高いけど、じゃあ、効果はどうなの?と思います

方違えをした人のその後のお話で辛い目にあったというお話を聞いてないので、大変な思いをした甲斐はあります。
しかし、凶方位に引っ越し後、意識的に吉方位旅行などで流れを変えている人も同じような感じです。

大凶方位を選ぶと言うことは、大体そういった大きな行動に出る前ぐらいから、精神的にも物質的にも辛い状況になっていることが多いです。
こういうことは、過去の旅行や引っ越しの運気の流れをみて初めて気がつく人がほとんどです。

そういった運気的には良くない状況を、ほぼ強引に変更させるために、かなり労力を要します。
方違えが大変なのはこういう理由もあるからです。
[in]

難易度が高い、状況にも寄る、だからこそ、安易に方違えが良いとか、吉方位旅行が良いとかは言えないです

難易度が高いために、私は基本的に方違えよりは「吉方位旅行」をお勧めしますが、可能であるなら「引っ越しを取りやめる」というのが一番良いです。
ただ、状況によって、「方違えをする」あるいは「吉方位旅行をする」という選択肢が出てきます。

「吉方位旅行」は難易度としては一番低いのですが、それゆえに出来るだけ毎年吉方位旅行をするようにお勧めしています。
引っ越しの怖いところは、その方位にずっと滞在することです。

ずっと滞在するっていうことは、ずっと悪い運気の影響を受けるわけです。
距離が遠いほどその影響は大きいです。

そのため、吉方位旅行でこつこつ運気をあげて、その影響を打ち消し、さらに良運を呼ぶようにします。
どのようなやり方を選んだら良いかは、お客様の状況によります。

それによって方違えが良いか吉方位旅行が良いかがはっきりします。