日盤方位が効果的な人、効果の無い人

九星気学占いと方位

方位の活かし方が分かっている人は日盤方位も効果的に使えます。

方位の扱いで影響が小さいのは「日盤方位」です。

影響が大きいのが「年盤・月盤方位」です。
※状況に応じて違いますが、分かりやすくするために一般的なお話をしています。

日盤重視の占い師もいれば、月盤重視、年盤重視、月盤・年盤重視の占い師とそれぞれ

今回のテーマは「日盤方位を効果的に扱える人と、日盤方位を扱うと自分自身に有害になる人」って感じなのですが、基本的に占い師には当てはまりません

占い師は方位の仕組みを理解しているため、「状況に応じて使い分ける術」が身についているからです(たぶん(笑))。

時盤(時刻を基準とした方位盤)が一番めまぐるしく方位が変わり、その次に日盤(日毎に方位が変わる)という感じですが、どの方位盤を使っても良いので「一つだけ大事な基準」があります。

たとえば「日盤方位を効果的に扱える人・効果的に影響を受けることが出来る人」というのは、「今が幸せな人」です。

この一言に尽きますし、これ以外にないです。

気学・方位学は日盤に限らずですが、どんなこだわりを持っても良いので、その結果として「今が幸せかどうか」が大事です。

そのために方位を扱っているのですし、それが無いならただの盲信です。

占いを使う目的は「幸せになるため」

他の目的の場合は知らないです。

日盤を効果的に扱えているならば、今が幸せなはずなんです。

だって、日々の選択基準として日盤を使っているんですから。

ところが、日盤方位を扱うことが有害な人もいます。

こういう人はそもそも方位なんて忘れた方が良いです。

それが「日盤方位が気になって行きたいところにもいけなくなっている人」です。

こうなるといけません。

本来、占いは手段であるのに、それが目的になると人生が狂います。

100%の人生が無いように、100%の占いなんてないです。

今日は方位が悪いから行けないが重なると、おかしな人が周りに集まるようになります

方位はその方位に対して吉凶を教えてくれています。

吉方位だから良い、凶方位だから悪い、という単純なものではありません。

人生には吉方位も凶方位も必要だからこそ、両方が巡ってるんです。

それなのに、片方しか選ばないとなれば、ゆがみを生み出します。

日盤方位を効果的に扱う人というのは、凶方位でも行く事が出来ます。

それは「それが必要だから」です。

それが分かった上で選択をしているから、今の幸せを手に入れているわけです。

どうしても方位が気になる人もいます

こういう場合は、凶方位で起こる現象を冷静に見てみれば良いのです。

日盤凶方位の起こる現象なんて、機嫌の悪い人にぶつかって喧嘩をふっかけられて殴られるぐらいのもんです(笑)

あるいは、何もないところで転んで怪我して、痛い思いをするぐらいです。

でも、所詮その程度ですよ?

運には流れがあるので、もっと大きな部分でどういう風に方位の影響を受けているかを整理した方が良いです。

方位が教えてくれているのは、吉方位だから良い、凶方位だから悪いだけじゃ無いです。

それが理解出来ていない場合は、日盤方位を扱うのは有害になることが多いので、ほどほどにされることです。

じゃないと、幸せになりたいのに、方位のせいで人生がうまくいかないなんてなったら寂しいじゃないですか。