運勢が悪い時の吉方位への引越し、運勢が良い時の凶方位への引越し、大丈夫?

九星気学占いと方位

運勢が悪いときに引っ越しをしても良いのかどうか?

今回のテーマは、運勢と方位の関係についてです。

私が引っ越しや旅行を鑑定する時にまず重視するのは、運勢ではありません。

引っ越しが出来る方位や時期があるのかどうか、旅行が出来る方位や時期があるのかどうかから鑑定をします。

なぜ運勢を先に鑑定しないかというと、運勢は地図みたいなものだからです。

目安にはなるけれど、現実に完全に一致しているわけではありません。

たとえば地図があったとしても、道中では道路の工事中もあれば、道路自体がなくなっていたり、あるいは地名が変わっていたりします。

それと同じで人生と占いから出てくる運勢もずれがあります。

この中で「今」の方位の状況を見てみると、行きたいところが今動き時なのかどうかが運勢とは別の見方で見えていきます。

方位=現実、運勢=予定という感じです

移動の方位の吉凶は現実に近いので、運勢が悪いとか良いとかよりも優先出来る場合が多いです。

実際、今年、来年は大殺界または天中殺なんですが大丈夫でしょうかっていう相談は多いです。

しかし、運勢の盛衰は同じ年に生まれていれば似たような傾向になります。

だからこそ、単純に大殺界だからとか天中殺だからとか、陥入だからとか、厄年だからとかっていうこと「だけ」で、物事を決めない方が良いです。

大事なのは、そこに至るまでの流れです。

いろいろな経緯があって「今年は引っ越したい!」という場合、引っ越しが出来る方位があるならば、引っ越しという一面ではタイミングは良いということです。

大殺界の時は大人しくした方が良いっていうような話があるので、大殺界だけを基準にしてしまうと身動きが取れなくなります。

でも、タイミングをとらえて良い流れを引き寄せることが出来るなら、衰運期の状態にある自分の運を高め、現状を乗り越えるだけの活力を与えてくれます。

タイミングを上手につかめば、運命も変わる

方位的にタイミングが合えばチャンスになります。

ただし、逆に、運勢が良いからといって凶方位に引っ越しをする可能性がある場合は、注意が必要になります。

運勢が良いというのは、何事にも勢いがあるということです。

何も考えずに大凶方位に引っ越した場合、そこからおかしな感じになることがあります。

運勢が良いときに大凶方位に移動するかもしれないことが分かった時は、一度立ち止まった方が良い時です。

慎重に検討をした結果であれば問題になりにくいですが、大きな見落としがある可能性を教えてくれているのかも知れないからです。

どんなに良い流れでも、ちょっとしたことで運は切り替わります。

もちろん、方位や運勢が人生の全てではありません

方位や運勢に限らず、占いに人生を合わせる必要はありません。

私自身、必要ならば現実を優先した方が良いっていつも言います。

凶方位だろうと、運勢が悪くなろうと、今しか出来ない事はたくさんあります。

それならば、状況を知った上で飛び込んでいく方が結果的に良い感じになることも多いです。

何も知らずに突き進むのではなく、状況を理解し、注意することを注意することで、本来受けるはずだった凶運を乗り越えやすくしてくれます。

大切なのはバランスであって、杓子定規な判断や考えのない行動ではありません。

知った上で行動するのは大事ですが、目を閉じて行動するのは危険です。

運勢が悪い時には如何にして運を良くしていくか、運勢が良い時には如何にして運を落とさず流れに乗っていくか、このために占いを活用するのが本来の姿かなって思います。

運勢が悪いときの引っ越しは悪いなりに、良い時の引っ越しは良いなりに、その時の状況に合わせて良い感じにしていくのが一番良いです。

一緒に読んでみてください「八方塞がりの過ごし方」