子供を塾に通わせるのに吉方位を意識した方がうまくいく?

九星気学占いと方位

九星気学・方位学で使う吉方位は塾選びにも使えますが。

入学や進級、学校の勉強のためにも、塾に子供を行かせようと考える人も多く、塾選びで占いを使うケースもあります。

子供のためにも出来るだけ良い形を望むからこそ、吉方位が使えるのであれば使いたい!と思う親御さんもいます。

塾選びに吉方位を使うのは、実際のところはどうでしょうか?

お子さんが勉強を望んでいて、自宅から見て吉方位に塾があるのであれば、選択肢の一つになります。

吉方位の効果も期待できます。

しかし、勉強を望んでいない、好きではない場合、いくら吉方位であってもなかなか効果が出ない、というのが私の印象です。

子供の塾選びは吉方位よりも運勢や運命・適性が重要

お子さんの相談を受けてきた印象では、お子さんに合った環境になっているかどうかの方が、吉方位で塾を選ぶことより重要です。

塾の方位を考える前に、子供の将来を意識した環境を作ろうとしているかどうかがポイントになります。

反面、学力を上げたい!塾に行ってがんばりたい!と思っている子供であれば、方位の良い塾に行くことで更にがんばる事も出来るでしょう。

出来れば、塾に行く事に合わせて、一度だけで良いので吉方位旅行に行かれるとなお効果的です。

お子さんの場合は、そう何度も吉方位旅行などするものではありません。

苦労を買う必要はありませんが、実力を養う時期に吉運を上げて追い風を吹かせてあげるというのも一つです。

勉強のために塾を選ぶなら、進学先の方位も意識する

塾選びでは吉方位よりも子供に合った環境の中で勉強をした方がうまくいきやすいとお伝えしました。

別のやり方で、これから先の進学先の方位を確認しておく手法があります。

大きな引っ越しがなければ、大抵は今の家から高校、あるいは大学までの方位がはっきりします。

もちろんいくつか候補があると思いますので、それらの方位を出しておきます。

大学進学までは何年何月に入学するかが明確になります。

進学希望先の吉方位や凶方位が今から分かります。

お子さんの希望の変化を方位の吉凶に合わせて行くと、どの学校を選ぶと良いかが分かりやすくなります。

このやり方を個人でやるのは難しいかもしれませんが、吉方位を活かすというのであれば効果的な手法になります。