引っ越しの時に気にするのは家相?方位?どっち?

九星気学占いと方位

引越しの時に占い的に間取りが気になる人と、方位が気になる人に分かれます。

いわゆる家相(間取り)と方位のお話ですが、両方とも気になる人よりもどちらかが気になって、後でもう一方の事も知ることが多いという感じです。
後々両方が気になるようになるケースも多いのですが、占い的にはどちらも重要になります。

ただ、私は間取りは後で修正が効きますが、方位の方はそのときの運気そのものを現してもいるので、優先するなら方位の方が良いよって言います

引っ越しは普通、数ヶ月毎にやるものじゃないですし、さらに言えば、人生で数回も引っ越しをしない人もいます。
このためまずは優先した方が良いのは方位の状況でしょう。

自分にとってタイミング良く引っ越ししたい場所に引っ越しが出来るというのは、大きな人生の節目になります。
ただ、両方とも気になる場合は、家探しの段階から家相的に良い家を探すというのは便利です。

何が便利かと言いますと、家相で良い家を探すというのは、住む人にとって使いやすい間取りで運気の良い家を選ぶことが出来るからです。
面白い事に、長く家主が決まっていない、あるいは築年数が新しい割に家主が決まっていない物件は、見た目の間取りは良くても運気の巡りが悪く住みにくい造りになっていることが多いです。

また、家相的に良くても立地に問題があることもあります。
だから、その部屋が空いている、という可能性もあるわけです。

ただ、それでも家相は後回しで良いのは、「その家の状況が分かれば対処しやすい」ためです

もちろん、誰もがベストを選択したいって思ってます。
でも、そう言い始めると、ほんとどこにも引っ越しが出来ないってことになります。

おまけに自分の好みも出てくれば、引っ越しは無理って話になります。
このため引っ越しをするときに迷うときは「引っ越しをする」という事自体を優先し、後は考慮出来る要素を取り入れていく方が賢いです。

引っ越しを気にしすぎた結果、自分だけでなく周りの人も辛い状況にしたらせっかくの引っ越しが台無しです。
そういうときは、考慮出来そうなものだけ考慮して、後は見なかったことにする(笑)
それでも結構うまくいくもんです。