吉方位や凶方位よりも運気・運勢が大事

九星気学占いと方位

大凶だからと諦める必要はないです。

ただし、思い込むのではなく、考えることを止めないが大事になります。

引っ越しシーズン到来と進学・就職・転職シーズンにも入ってきました。
こういうときに必ず出てくるのが、「凶方位だけどどうしたら良いか」というご相談です。
これが引っ越しに関わる凶方位の場合は、方位の解釈も大事になってきます。
一方で引っ越しほど重要視をしない、進学や就職、転職の場合でも、やはり凶方位が気になって相談されるケースがあります。
※引っ越しほどでは無いのは、引っ越しが伴わない進学や就職・転職の場合です。(今回は引っ越しの伴わないケースです)

方位というのは全ての行動についてくるものですので、引っ越しや大きな旅行以外にもなんでも使えます。
そして、そこには必ず何らかの運気が付いてきます。
だからこそ、進学や就職・転職などで方位が悪い事が分かった場合、気にするのは当然といえば当然です。
ただ、ここで注意したいのが方位の吉凶だけでなく、その他の流れはどうなのか?ということです。

私はよく言いますが、とにかく一発どかん!と運気を上げておけば普段の些事は気にしなくて良いです。
これは就職や進学などについても同様です。
まず基本部分として「運気を上げておく」ということが大事になります。
これが難しい場合もあるのですが、とにかくどこかで上げておく。
そうすることで「基本的な部分で自分の今の運気は良い」という基準を置くことが出来ます。

進学や就職先が凶方位のとき「やっぱりだめなのかな」と思いやすいです。
しかし、そう考える前に、今の運勢の流れと自分の資質を整理します。
今の運勢の流れというのは、今がどういう時期なのかを理解することです。
勝負の時なのか、実力を蓄えた方が良い時期なのか、それとも我慢のときなのか。
こういうのは感覚の問題ではなく、人それぞれに持っている運勢の流れですので、それを見極めます。

もう一つ大事な事は「その選択が自分に合っているのか」です。
好き嫌い、やりたいやりたくない、という感覚で判断するのではなく、客観的に見た時に合っているかどうかです。
運勢も資質も占いの分野なので鑑定をしないと分かりませんが、この3つのポイントを総合的に見て、目の前の進学や就職を見極めます。
そうじゃないと、凶方位だからといって単純に「やっぱりだめ」ってなりかねないです。

でも、実際にはそんなことはありませんし、そんなに単純でもありません。
方位が凶方位ということは、どこかに厳しい流れがあるんです。
大抵は早すぎるか、実力が足りないかです。
ただ、運勢的に良く、また、資質的にも合っている場合、凶方位なんて糞食らえです(私は何度も言いますが、方位鑑定を軸にしている占い師です(笑))。
「悪い」ということは「ダメ」ということではなく、冷静に判断して決断する必要がありますよってことです。

私が鑑定をする時も就職や進学の話が出てきたときには、必ず方位以外の要素を考慮します。
思い切って鑑定を依頼されるぐらいですから、凶方位だからと言って単純に悪いというケースはほとんど無いです。
それよりも「方位が悪い=運気がわるい・タイミングが悪い」けれども、これは突き進んだ方が良い、あるいはこれは少し様子を見て判断した方が良い、ということが多いです。
相談される方も大抵何か感じるところがあります。
大切なポイントは目の前の吉か凶で一喜一憂するのではなく、総合的に見てどうするのが良いのかを見極める事です。
こういうことが分かっていれば安易に吉方位だからとか、凶方位だからとかだけで判断しなくなります。
吉でも止めた方が良い、凶でもやった方が良い、そういうこともあるってことです。