気学の引越し方位鑑定は、引っ越し先が決まる前と後ではどっちで占って貰うと良い?

九星気学占いと方位

九星気学の占いは引っ越し先を決める前が良いです。

本題に入る前に有料鑑定の感想を頂きましたのでお披露目です♪
私が吉方位旅行をしてるため、引っ越しの方位はかなり慎重にしたかった

お忙しい中、送って頂きありがとうございます。

こうやって感想を頂く裏側で、ここ最近、鑑定をお受けしないケースが増えてきています。

これは良い傾向でもあり、申し訳ない傾向でもあります。

鑑定の依頼を受けないケースというのは、お断りするというのとは少し違います。

相談者の状況に合った占いなり選択なりががあるため、私が鑑定をしない方が良いと判断しているケースです。

お断りする場合は私が鑑定出来ない場合なので、そこに違いがあります。

この傾向は初めての人でも再鑑定の人でも同じぐらい発生してます。

いつも「本当に断って良いのだろうか」と思っています。

いつもジレンマに襲われます。

ブログでは占いを受けた方が良いよと言いつつも、その人に合った占いがあります。

いつでも私がお受けできるわけでは無い、「占いを受けたいな」と思っても「違う人の方が良いよ」という場合もある、そういうことを事前に確認をすることが増えてきました。

良いのか悪いのか・・・う~ん。

占いの基準が違うケースも多い

引越しの方位鑑定の依頼は、占い師の内田さんに相談する前に自分で調べていたり、他に相談されていたりします。

これ自体は問題無いのですが、その人なりに気になっている方位の基準がある場合、私と一致していなかったら他の占い師さんに行った方が良いと言います。

方位鑑定のような方位の見方が重要になる占いの場合、ここを間違えると後で占い師をさまようことになりやすいです。

方位磁石の方位を使うのか、北極星を使うのかですら違いますし、地球が平らなのか丸いのかでも違います。

さらに、近場なら方位の影響を受けないっていう占い師もいれば、私のように距離は関係無いよっていう占い師もいます。

占いの事がよく分からない人が多少調べて不安になって相談される分には問題無いです。

しかし、自分であれこれと調べて「こうなのではないか」と思ってしまった状態では、その基準を使っている占い師じゃ無いとだめだと私は思っています。

方位鑑定の正解は「占いと現実が一致している」こと

凶方位と出たとしても、現実が良いならその基準は使わない方が良いです。

一方で凶方位と出て、現実もがたがたなら、その基準を良い方に使えば流れが変わります。

これがもう少し高度になると、凶方位と出て現実がそうでない場合、逆に安心して良いということになります(その方位を使っても大丈夫だからです)。

常に現実と占いのすり合わせが幸せを呼ぶ

その上で今回のテーマに繋がりますが、引越しの時に鑑定を受けるなら「引っ越し先を決める前に受けておいた方が良い」です。
方位鑑定には受け方があります。

それは「引っ越したいと思う地域の方位の状況を知る」というやり方です。

ここを勘違いしている人が多くて「引っ越すのに良い吉方位を教えて欲しい」という感じになりやすいです。

私はこれを「考え方が間違っている」とお伝えしています(まあ、正解も不正解も無いのですが、一応ね)。

引越しの目的は吉方位に引っ越しをすることが目的では無く、引っ越したいところに引越しをすることです。

たとえ運気アップが目的の引っ越しであっても、必ず「引っ越したい場所」が先に来ないとおかしくなります。

占いがなければ引っ越したいところを探す

占いを知ったことで、引っ越したいところが変わったら、それは少し危ういです。

あくまで「引っ越したいところが優先される」これは変わらないです。

そのためにまずはその地域なり場所なりの方位鑑定を受けます。

そうしないと、そこがダメとなったときにどこを探せば良いか分からないからです。

私の方位鑑定の優先順位ははっきりしています。
1番⇒引っ越したいところ
2番⇒凶方位を避けた地域の引越しで妥協できるところ
3番⇒凶方位での引越し
4番⇒引っ越ししない

ご覧頂くと分かりますが、吉方位を最初に選ぶっていうのはありません。

もちろん選択の余地がたくさんあるならば別です。

でも、全体的にそういう人は少ないので、上のような話になります。

ところが、方位鑑定を受けるとなると「まずは吉方位は教えて」ってなるんですよね。

そういう人は私以外の占い師さんなら喜んで教えてくれると思うので、そちらをお勧めします。

私は現実を優先し、その上で占いを考慮したい人向けの占い師になります。