旅行や出張の吉方位・凶方位は気にしなくても良い?

九星気学占いと方位

吉方位や凶方位が気になる人にとって、引っ越しはもちろんですが、日々の移動の吉凶も気になる事が多いです。

実際のところ旅行や出張、あるいは帰省などではどこまで方位を気にしたら良いのでしょうか?

この答えは「用途・目的による」になります。

私自身、方位を占う時に一番重視するのは引っ越しです。

引っ越しは人生に強く影響を与える選択になるためです。

一方で一泊ぐらいなら好きにしてくださいとお伝えしています。

これは短期の旅行は人生に影響を与える部分も小さいからです。

また、移動が日常の人の場合は普段の移動は気にしなくて良いとお伝えしています。

商社の方や運送業の方など職種によっては常にあちこち移動している人もいますが、そういう人も方位を気にする必要はありません。

方位の影響を気にする気にしないの基準は「その移動の重要度」にあります

言い換えれば、たとえ日帰りであっても人生に大きな影響を与える移動なら、方位の影響を気にするということです。

このさじ加減が難しいので、普通の人は引っ越し以外ではあまり方位の影響を気にしない方が良いとお伝えしています。

個別に相談をされた場合であっても、内容を重視するので、多くの場合あまり気にしなくて良いとお伝えしています。

ただし、運気の流れを変えたいと思っている場合は、不用意に動かない方が良いともお伝えしています(移動の少ない人の話)。

方位の影響が実感としてある人の場合で運気の流れを変えたいなら、好きなように動けば動くほど泥沼にはまりやすくなります。

このほか2泊以上3泊以上になる旅行なら、やはり方位の状況と今望んでいる事、その人の運命・運勢を天秤に掛けます。

凶方位に行く場合は何かネックになる可能性を秘めています

その可能性というかリスクを引き寄せても大丈夫なのか、それとも避けた方が良いのかを占っていきます。

占いは方位の占いも含めて、タイミングを見極めることが多いです。

良いタイミングに動けば物事がスムーズに進み、悪いタイミングであれば苦労が多いということです。

あまり細かい部分まで気にしてしまうと人生が大変になる上に、占いの意味も意義も分からなくなってきます。

更に何かと言えば方位は大丈夫か?と神経質になり、生活がおかしくなっていきます。

一人生活ならばまだしも、家族とか恋人とかがいる場合は、占いの結果の扱い方も注意が必要になります。

方位の事を知らかったこれまでだって生きてきています

大変だったときもあると思いますが乗り越えてます。

方位の事を知れば多少変わる部分もあると思いますが、それに人生が縛られて不自由をするなら何かが間違っています。

生活を安定させながらも見えない部分(運・運勢)もそれなりに良いところに留め、楽しい人生を選択していくためには、「これだけは押さえておく」という部分を明確にします。

そういう意味では日常の延長となりやすい旅行程度なら、あまり気にしなくて良いとなります。

その代わり何か節目のタイミングにいるなら、一応今行こうとしている旅行の吉凶ぐらいは念頭に置いておきます。

問題ないなら行けば良いですし、問題がありそうなら保留にします。

状況に応じて使い分けるぐらいの余裕が無い人は方位を気にしないことです。

そうじゃないと占いにとらわれてしまい、人生が辛くなりやすいです。

凶方位が怖い人は「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」もチェックしてみてください。