方位鑑定の基準は占い師で違いがあるので注意したいこと

九星気学以外にも方位鑑定が出来る占いはたくさんある

引越しや旅行の方位の相談の時、方位鑑定の基準を気にしなくても良いこともあれば、気にした方が良いこともあります。

方位鑑定の基準を気にしなくて良い人は、方位の事はよく分からないけれど現実も良くなくて何とかしたい人、不安だから実際のところはどうなのかを確認したい人です。

方位鑑定の基準を「気にしないといけない人」もいます。

方位鑑定の基準を気にしないといけない人は、これまでに何かを目安にして引っ越したり旅行をしたりしている人、占い師さんに相談しながら引越しや旅行をしている人です。

方位鑑定の基準を気にしなくて良い人は、「この占い師さんに相談してみたい」と思う占い師さんに相談して大丈夫です。

その占い師さんもその占い師さんの基準がありますが、相談の目的は「何とかしたい」という想いですので問題無いです。

方位鑑定の基準を気にした方が良い人の相談目的も同じように「何とかしたい」というのが多いですが、これまでに採用してきた基準(占い師さん)があります。

方位鑑定の基準は占い師によって違うため、「この占い師さんが良さそうだから相談してみよう」というのは最も避けたい選択肢です。

占い師さんと普通の人との違いは「方位鑑定の基本知識の有無」です。

占いの基本があるから結果がぶれない

占い師さんはたくさんいますが、有料で占いをしている占い師さんで「基本となる知識が無い人」はたぶんいません。

基本となる知識が無いと「良いとこ取り」をしようとして、結局ぐちゃぐちゃになってしまい判断基準がなくなります。

その結果、その方位鑑定の知識は使えなくなります。

何が使えて何が使えないのかの判断が出来なくなるからです。

占いは、現実に使えるか使えないかの判断がないと、「占いでこうなっているから!」という意味のない話になります。

これを避ける為に必要なことは「参考にした占いの基準、占い師さんと同じ系統の占い師さんに相談する」です。

私に相談された場合は最初にこれを整理します。

他の占いの基準を使うと混乱するだけなので、「同じ系統の占い師さんに相談してください」と伝えます。

たとえ独学であっても参考にしている情報があるはずですし、相談されたのが占い師さんならその系統と同じ占い師さんがいます。

なんとかしたい・現状を変えたいときは占いの基準ではなく占い師が大事

これまでいろいろとやってきたけど信用が出来なくなったとか、何とかしたいけど何か方法がないかとか(ダメな場合もありますが)、あれこれ参考としようとしていない状況は別です。

行き着くところまで行っていないのに他が良さそうだからというのはダメで、他の手段を見つけられないだろうかと探すのは良いという感じです。

占いを基準にした方が良い人は占いに関心がある人ですが、人生を何とかしたい人は占い師を選んだ方が良いです。

私は占いを重視していません。

だからこそ、余計に占いを重視するなら、これまでの系統を大事にしないとおかしくなるとお伝えしています。

占いを重視していない、自分をどうしたら良いのだろうかということに関心がある人は、占いの基準はどうでも良いです。

占いの基準よりも「現実に使えるのか?役立てることができるのか」が大事ですし、私の関心もこっちにあります。

私がほとんど占いの基準や鑑定についてお話をしないのは、占いに関心がある人を集めたくないからです。
占いに関心がある人は占いの情報を発信している占い師さんに相談されるのが一番です。

占いを受ける前にあれこれと考えるのは大変です。

でも、何も知らないで選ぶよりも占いの基準や相談内容が大事ということが分かっていれば、自分にとってのハズレを引きにくくなるメリットがあります。