吉方位・凶方位を優先することで学校選び、会社選びが苦しくなる

九星気学占いと方位

吉方位で学校選びや会社選び、その他諸々を探してたりすると、危うい状態になることがあるので、気をつけてください。

吉方位や凶方位を気にする人で問題になるのは「自分で調べる」というところです。

方位を調べるだけなら自分で出来ると思います。

問題は「判断が出来ない」ということです。

たまたま良いな~と思っているところが吉方位なら問題はありません。

でも、凶方位ならどうでしょう。

あるいは、吉方位じゃないというのでも良いです。

自分で方位を調べる人は、この時に「じゃあ、吉方位にある学校や会社で良いところはどこだろう」って探します。

方位を優先することでクビを締めている

私は自分でやるのではなく、占って貰った方が良いよっていう占い師です。

これは商売のためではなく、自分でやって不安を強くする、身動きが出来なくするデメリットの方が大きいからです。

それならお金を掛けて安心を買った方が良いです。

自分で調べること自体は、占い師に騙されないという意味で大切な面もあります。

しかし、結局、自分で身動きがとれなくしているなら、そのやり方は間違っていると思うのですがどうでしょう。

占いは「自由度を上げてくれる」もの

なんか今おかしいな~っていう状況の時に、現状の理解に力を貸してくれ、どういう風にしていったら良いかの方向性を示してくれます。

学校選びや会社選びで方位を気にするのは「より良い状態を作り出したい」からです。

それがいつの間にか、方位が良いところが良い会社ってなっていきます。

これ、自分でやってるからそうなります。

私が自分を占う場合、方位だけでこういった事を判断することはありません。

「その行動をしようとしている人自体が何を求めているか」が最優先されます。

行きたい事が明確なら必要な事も分かる

その求めている事がその人にとってどういう意味を持つのかを「まずは」占います。

要は合っているのかどうなのかです。

特に私の占いは、より良い状態を作り出すための「確率を上げる」ことを重視します。

方位だけで判断すると、おかしな選択肢が出てくることがあります。

「吉方位だから自分に合っているはずだ!」みたいな感じです。

それはそれで良いかもしれないけれど、もっと広い範囲で占っていったとき「実際はどうなの?」という視点もあります。

自分で占うことが難しい内容もある

学校や会社以外でも、何かを選ぼうとするときに、下手に方位だけで判断するとおかしな事になります。

「方位は良いはずなのに」と感じ始めたら、自分だけで何とかしようとしないことです。

たぶん、何かがズレているシグナルですので。