凶方位だけど住みたい、吉方位だけど住みたくない

九星気学占いと方位

方位っていろんな事を教えてくれるので便利です。中でも大切なのは「自分の想い」です。

何にも考えないで普通に引っ越しをしようとする、あるいは旅行をしようとするのが普通です。
行きたい所に行く、引っ越したいところに引っ越す、これが自然ですし大切なことです。

方位鑑定に限りませんが、占い全般において「あなたはどうしたいですか?」というのはすべての軸になります。
その結果として「それは良い」あるいは「それはまずい」ということがはっきり出ます。

その上でどう判断していくかのための情報提供が、占いの醍醐味です。
良いですよ悪いですよっていうのは占っていると言うにはあまりにも言葉が足りないです。

相談で多いのは住みたいところが凶方位だけどどうしたら良いかというのと、吉方位に引っ越したいというのです

凶方位だけど住みたいという場合は、基本的にタイミングが悪いことを教えてくれているので「今じゃ無いですよ?」というのが最初に来る言葉になります。
そして、ここからその人にとっての落としどころを探していくんです。

占いって「落としどころ探し」がメインなんじゃ無いかと思うことが多いです。
もちろん、占い上の理想ってあります。

でも、その理想のためには行動を起こす前から目安を整理しないと難しいことが多いです。
行きたい所が吉方位だっていうケースなんて、殆どが開運期に絞られるほどです。

その人にとって調子の良いとき、うまくいっているときに選択をすることは大抵吉運に乗りやすいです。
それと同じ。

だから、凶方位を選ぶというのは意外に普通のことなんだけど、「じゃあどうします?」っていう話に続いていくわけです。
人にもよりますが、ここでしっかりと整理をすることが出来ると、意外に自分の希望の優先度も整理されやすく、最初思っていたのとは違う落としどころが見つかることが多いです。

難しいのが吉方位に引っ越しをしたいという場合

これは私的には時間がかかるパターンです。
一番最初にお話をしたように、人は欲求が大切でそれが運命を選択させています。

運を良くしたいというのは分かるのですが、それは手段であって人生の目的じゃ無いです。
だから吉方位に引っ越しをしたいという人の場合は、まずはそれは別にしてどこに引っ越したいですか?っていう話から始まります。

もちろん、運気を上げると言うことを無視するわけじゃ無いです。
優先順位として欲求よりも低いってことですし、ちゃんと欲求を実感出来ていないと上げた運を活用することだって難しいんです。

その仕組みはシンプルなんだけど、運を上げることに意識が向いてしまうと意外に気がつけないポイントになります。

占いを使うっていうことの意味はとても大事です

求めている事は似ているけれど、ちょっとズレるだけで全然違った鑑定になることだってあります。
普通の占い師に相談したら、たぶん普通に吉方位の時期と方位を教えてくれます。
それで双方満足(笑)

でも、実際に引っ越すとなれば、不便になったり、住みにくかったりすることだってあります。
それで幸せを呼び寄せることが出来れば良いですが、不満の方が強くなることが多いです。

理由は求めている事がズレているからです。
たぶん、こういうことを占う占い師側は気がついているはずです。
でも、言わない占い師もいると思います。

吉だったら何でも良いと思っている占い師

そういう選択があるのも確かだけど、その選択だけじゃあ足りないよね?って私は思っています。
占い的なベストと現実のベストは違うものです。

占い的なベストは魅力的なことが多いですが、実際は現実があってこそ引き出されてくる結果です。
だからこそ占いで大事な事は、如何にして現実のベストを引き上げるか?ということだと思います。