九星気学で方位鑑定をしてもらうと良い?

九星気学占いと方位

九星気学で鑑定するかどうかは別にして、方位が気になって占い師に相談される方はそれなりにいらっしゃいます。

さて問題です。
方位鑑定には基準があるってご存じですか?
「流派」ってあるんだよね?とご存じの方はそこそこいらっしゃいます。

何かの拍子に初めて引っ越しや旅行の方位が気になって調べている人は、今回の話は気にしなくて良いです。
これから初めて鑑定を受ける場合は関係ないためです。

今回の話題の中心は過去の引っ越しや旅行などで占いをしてもらい、それ以後、いろいろな占い師に占って貰っている人です。

過去に鑑定を受けた占い師と、その次に受けた占い師、さらに今回受けた占い師、たぶん、みんな基準が違います。
似たような感じの占い師もいるでしょうし、見る人が見ればそれって前の人とは全然違う基準だよっていう占い師もいるでしょう。

引っ越しの鑑定、旅行の鑑定といえど、「誰に占って貰っているか」で出てくる鑑定結果がかなり違う場合があるということです。

これが方位鑑定の実情です

これが運勢鑑定や資質や生き方の鑑定なら、ものすごくめっちゃ違うということは少ないです。
どちらかというと、同じ事を違う表現で言っているケースの方が多いです。

方位鑑定の場合は、その基準の違いによって結果も随分と違ってきます。
こんなのは「そういうことがある」と知っておかないと意識する事も難しいです。

私自身、方位鑑定のご依頼を受けるときに一番注意しているのもここです。
以前に誰かの鑑定を受けられたことがあると分かった場合は「過去に方位鑑定を受けられているなら、その人にまた相談した方が良いよ」って最初に伝えます。

占い師にもいろいろといて、自分の鑑定基準が正統で正しいモノだっていう人がいます

それはそれで自信たっぷりで良いと思うのですが、もし目の前の相談者が過去に受けた方位鑑定と同じだと思っていたら、そこから意識のズレが生まれます。

占いは良くも悪くも相談者が「そうだよね」と理解出来るかどうかです。
前相談したときはそんな風に言われなかったとか、前と同じような感じなのに全然違うとか、そういうことが起きる可能性があります(言葉には出さないと思いますが)。

相談者はその原因が分かりません。
でも、占い師はその原因は鑑定基準が違うから起きている感覚、ということが分かっています。

知っていて鑑定をするか、相談者とすり合わせをしてどうするか決めるか、それは占い師の良識に掛かっています。

もちろん、占いの館や電話占い、あるいは対面鑑定などでは、このすり合わせは難しいです

個人の占い師の場合で事前に問い合わせが出来るような仕組みがあると、こういうケースではどっちにとっても良い結果になりやすいです。

相談者は方位鑑定の細かい事について分からないはずです(だから相談してる)。
占い師はその辺の背景も理解しています。

過去に占い師に方位鑑定を依頼したことがある人ほど、次回、違う占い師に相談するときは注意した方が良いです。

もちろん、その占い師が嫌だったっていうならば、細かいことを考える必要はありませんが、何らかの事情で変えざるおえない時は要注意です。

たかが占いです。
でも、そこにお金を払うなら、少しの手間を掛けてより良い環境を作った方が良いです。

方位鑑定は占い師によって結果が違う可能性がある。
覚えておいて損はありません。

追伸:どれが正しいの?という場合は、過去を鑑定してもらってしっくりくるモノが正しいということになります。